従量課金制の出来高制|中国の翻訳で世界進出も夢じゃない|現代を生きる

中国の翻訳で世界進出も夢じゃない|現代を生きる

女性たち

従量課金制の出来高制

勉強道具

英語の一般書物は安い

翻訳の料金は伝統的に出来高制を敷いているところが多くなっています。文字数に応じて翻訳料金が従量課金される仕組みになっています。一番安いのは一般的な翻訳です。言語によっても異なります。一般的な英語の場合が一番安くなっていますが、メジャーな国の言葉であれば、ほぼ同じ料金で翻訳することが可能になっています。ただしマイナーな国の言語の場合には、料金は高くなることもあります。これは翻訳する人が少ないからです。待ち時間も長くなります。抱えている仕事の量にも影響しますが、数か月待たされることもありますので、注意する必要があります。日本語に翻訳する場合だけでなく日本語から各国の言葉に置き換えることもできます。この場合も料金はほぼ同じです。

内容によって異なる

書物によっての違いは多少なりともあります。これは語学力だけで翻訳できるものとそうでないものがあるからです。一般的な書物であれば、一番安いのですが、コンピューターやマニュアル関連の場合は高くなります。さらに科学や工業技術の場合にも高くなる傾向があります。経営管理や財務、契約書などのビジネスに関する場合には、会計スキルも必要になりますので値段はさらに固くなります。最も専門的なものは、医学や薬学、化学に関するものです。論文に匹敵するような内容であれば、それなりの知識を有していないと正しく翻訳できないのです。特許明細書など今後の経営に関わるようなものもさらに値段が高く、一般的な書物の二倍程度することも珍しくないのです。