中国の翻訳で世界進出も夢じゃない|現代を生きる

レディ

アジアの国の一つです

PCを操作する人

韓国企業は世界的にも有名な大企業が多数ありますし、成長著しい企業も多数あります。韓国企業と取引をする中で、韓国語で書かれた文書を良く目にするようになります。その際にはしっかりと翻訳をしてもらってから、ビジネスを進める事が重要です。

もっと見る

従量課金制の出来高制

勉強道具

翻訳の料金は一般的に従量課金制です。そのため出来高になっていることがほとんどです。英語が一番ポピュラーでマイナーな国の言葉ほど高くなります。また書物の内容も専門性に特化する内容は価格が高くなっているのです。

もっと見る

企業に必須な翻訳業務

女性たち

企業にとって必要なのは販路の拡大とコスト削減です。海外に販路を求め、コストの低い海外で物作りをする場合、適切な翻訳会社と提携する必要があります。英語だけでなく各国の言語に強い会社と提携します。企業の事業内容によっては小さな翻訳会社でも、法務に強いとか建築に強いなど専門性のある所を選ぶようにします。

もっと見る

的確な訳で対中関係を向上

国旗

繁字体と簡字体が存在

中国語の翻訳を依頼するにあたって気を付けるべき点は、繁字体と簡字体のどちらに訳すが明示しておくことです。繁字体は、中国本土で使用されている言葉です。一方、香港やマカオ、台湾では簡字体を用います。双方の言語は、文字が異なるだけでなく、文法や意味が大きく異なります。よって、使用方法を誤ると、文の内容が伝わりません。もし、どちらの言語の翻訳が的確が判断しかねる場合には、翻訳会社に相談すると良いです。また、中国は、本土だけでも多くの方言が存在します。標準語は北京語ですが、それは、南の地域では通じません。そのため、取引先の会社や出店先の地域に応じて、標準語と共に方言を併記する必要があります。この工夫によって、より多くの人とコミュニケーションを取れます。

在宅勤務者への依頼が人気

外国語の翻訳は、特殊技能に分類されます。そのため、翻訳会社を通して仕事を依頼する場合は、クオリティが高いもののコストも高めになることは覚悟しておきましょう。また、中国語の翻訳を手掛けている業者は、英語よりも少ない状況です。よって、依頼ニーズにマッチする翻訳会社を探せないケースが多々発生しています。そこで、在宅勤務者に人気が集まっています。紹介会社を通して、中国語スキルを持つ在宅勤務に業務を依頼すれば、法人業者ほどの料金は発生しません。この場合、中国語のスキルを持つ主婦やクラウドワーカーが仕事をこなします。彼らの多くは、フリーランスの在宅勤務者です。個人で仕事を受注しているゆえに、少ない翻訳量の注文や、スポット的に発生する翻訳作業にも柔軟に対応できます。